マフィン

バナナ、ブラウンシュガー、アーモンド粉を使ったマフィンを焼きました。非常に簡単に焼けるのでマフィンを焼く回数が多いです。材料や分量等、自分で決められるので見知らぬものは入っていません。

マフィン

栗のペーストを使ったマフィンを焼きました。外側を少しカラッとなるように焼きました。栗のペーストを温めると白あんのような味わいで、和菓子や大判焼きを食べているような感覚があります。苦いコーヒーも合いますがお茶にも合います。

ケーキ

バナナとクルミを使ったケーキを焼きました。アーモンド粉、ブラウンシュガーです。外側は少しカリッと、内側はふんわり柔らかく焼き上がりました。時間が経てばまた変わると思うので、その変化も楽しみです。

マフィン

今日もマフィンを焼きました。ブラウンシュガーを使ったので色が濃いです。iPhoneで撮ってモノクロにしましたが、美味しそうに見えません。しかし味の方は、非常にふんわりとしていて、ここ最近で最も美味しいものかもしれません。

マフィン

午前中は雪で午後は晴れ曇り。外に出る用事もなく、家で、煮込んだりんごを使ってマフィンを2度焼きました。黒く見えているのは干しブドウです。

マフィン

昨晩、新たに雪が降り積もり、今日の日中も少し雪が降っています。外は曇り空でひっそりとしています。最近はロックダウン中でも午後に散歩をしている人たちの声が聞こえます。川沿いを散歩したり公園に行くのでしょうか。今日はその声もあまり聞こえません。ロックダウン中でなければ、カフェに行ったり、ケーキを買いに行きたいような静かな午後でした。というわけで家でマフィンを焼きました。甘いものが欲しい時、マフィンは簡単に焼けるのでよく焼きます。今回はバナナとくるみ、全粒粉で焼きました。ふんわりとしていて美味しいです。

鏡開き

11日は鏡開きということで、砂糖で煮込んだ黒豆を使ってぜんざいをいただきました。iPhoneで撮影、編集しましたが、お椀の赤色を強調するとお餅も赤くなったように見えます。みかんと一緒に撮りました。鏡開きは神仏に感謝の気持ちを示し、無病息災などを祈って、供えられた餅を食べる、とあります。今の世のことを思うと、早く落ち着いてほしいというのが願いです。

マフィン

手軽に焼けるのでよくマフィンを焼きます。焼き上がるとオーブンから出して、iPhoneで写真を撮るのが流れです。それからコーヒーを入れて、温かいうちにいただきます。

クリスマス

クリスマス祝日2日目です。今年のクリスマスシーズンは全くクリスマスらしくありません。ロックダウンでクリスマスマルクトを始め、人が集まるコンサートやイベントの中止、また外出制限で家にいることが多くなって、イルミネーション的なものも目にしていません。家庭で人が集まる際の人数制限もあるので、ひっそり感のあるクリスマスでした。気温もこの時期としては暖かかったので、挨拶だけがクリスマスといった印象です。

ところで我が家はクリスマス時期に毎年レープクーヘンを焼いています。毎年3回ほど焼きます。しかし今年は人に会えず配ることもできないので我が家だけで焼いたのは一回だけです。近くの友人知人、ご近所さんに配る分だけです。その際にお菓子の交換などをして、クリスマスの挨拶をしましたが、それが非常に温かいものにも感じられて、これはこれで良いクリスマスなのかもしれないと感じました。

写真はレープクーヘンを作る材料を鍋に入れたところの2枚と飾りつけが終わったときのものです。

マフィン

アーモンド粉を使ったマフィンを焼きました。そこにバナナと、ラム酒で煮込んだりんごを入れました。焼き上がってもラムの香りが非常に強いです。また卵を多めに入れたからか、少し蒸しパンのようにもなりました。苦いコーヒーにもよく合います。