ファームウェアアップデート

10月15日に富士フイルムがお知らせしていたように、昨日、カメラX-T3のファームウェアVer.4.00が公開されました。AF性能がX-T4と同等になるアップデートです。フィルムシミュレーションも同等になると一部の噂もありましたが、そちらは今回はありませんでした。しかしいずれにしてもカメラ性能面ではX-T3とX-T4がほぼ同じになったのはユーザーとしては非常に嬉しいことです。X-T3のチルト液晶、手振れ補正なしに対し、X-T4のバリアングル液晶、手振れ補正あり。フィルムシミュレーションの差もあります。どちらも良いカメラでこの2機種で迷う人は多そうです。いずれにせよ、アップデートは無事出来たので撮影が楽しみです。

祝日

マリア被昇天祭で祝日です。家で一昨日の撮影の現像を行っていました。普段、部屋で撮影する時は基本的に単焦点レンズのみです。しかし先日は富士フイルムX-T2に50-140mm F2.8のズームレンズを付けて撮りました。思った以上に良い結果です。このカメラとこのレンズで十分なものが撮れました。部屋で撮る分にはオートフォーカス性能も問題なく、瞳オートフォーカスも使えました。単焦点レンズより相性が良いという印象です。もしかするとそれだけレンズ内手振れ補正機構が良いとも言えます。今後、機材の購入時に考えることが増えそうです。

撮影

今日は部屋での撮影でした。楽しい時間であっという間に過ぎていきました。クリエイティブな撮影が出来たと思います。カメラ一つはマニュアルフォーカスでの撮影です。絞り開放の面白さを意識しましたが、ピント合わせが難しく、撮影テンポが少し良くないと思われる時もありました。しかしいずれにしても撮影は楽しいもので結果には大満足しています。お疲れ様でした。どうもありがとうございます。

キャリブレーション

今使用しているモニタはEIZOのものですが、一定期間使用すると、自動でキャリブレーションしてくれます。これはその時の光の環境に合わせてくれるので非常に便利です。以前はcolormunkiで自分でやっていましたが、夏時間と冬時間の切り替わる時期にやっていました。年間2回から4回ほどでしたが、今は月に1度のペースでしょうか。自分でやるのは手間ですが、自動なので便利です。肉眼ではあまり見えませんが写真では画面に埃が付いているのが分かります。

オリンパス

オリンパスのデジタルカメラ事業の分社化、譲渡が発表されました。オリンパスという会社はそのままなので、カメラ事業の方はいずれオリンパスという名前ではなく別の名前になると思われます。ズイコー、もしかするとタカチホといった感じでしょうか。私はこれまでコンパクトカメラを含めて18機種オリンパスのカメラを使ってきましたが、やはり寂しさがあります。パナソニックはLマウントアライアンスの方が今後は中心になっていきそうですし、マイクロフォーザーズも今後どのようになっていくか、そちらも気になるところです。

 

外れない

レンズに着けるレンズフードですが、差し込む光なども味の一つだと思うので基本は着けません。ただこのレンズの場合は大きさがそれほど変わらないこともあって、保護フィルターを付けてレンズフードを着けたままにしていました。今日、何気なく保護フィルターを外そうとしましたが、レンズフードから外れません。強い力を入れて割れるのも困るので、とりあえずこのまま使用していこうと思います。

今日は久しぶりの雨です。これまでの天気を見てみると約2週間ぶりとなっています。今週は雨風が強いと予報が出ていますが、外出制限が少し緩和されて気持ちが緩みがちな状態なので、外出しづらい状況は良いのかもしれません。ところで友人と電話で少し話しましたが、お互いの近況や今後のことなど、時間があっという間に過ぎていきました。やはり声が聞けるのは嬉しいものです。写真はライカ ゾフォートです。時々撮りたくなります。

X-E3

ここ最近、20度を超える日が続いており、外は気持ちが良さそうです。今日は部屋でカメラを撮っていました。仕事では富士フイルムのX-T3をメインに使用していますが、プライベートではX-E3を最も使用しています。昨年夏に中古で買ったものですが、旅行にはこのカメラにXF18mm F2を付けたコンパクト仕様で行くことが多いです。

ところで同じく富士フイルムにX100シリーズというコンパクトカメラがあります。いつも気になっています。大きさ的にはX-Eシリーズとそれほど変わりません。以前、X-E2を使用していた時はX100Tと比較して、X-E3を購入する時はX100Fとも比較しました。X-E3購入の時は、X-Pro2を売却しての入れ替えだったので、レンズ交換式を求めてX-E3にしました。今はX100Vが非常に気になっています。色々と悩むところです。

今日、そのようなことを考えながら愛用しているX-E3を撮りました。普段は逆光でもその味が出るのでレンズフードは着けていませんが、レンズフードを着けると格好良さが増したと感じたので着けて写真を撮りました。RAWからモノクロ2種類で現像しました。Adobe Photoshop LightroomのACROS-GとVSCOのKodak Tri-Xです。どちらも好みです。